塗装について

矢田工業所で扱う塗装方法とその塗料タイプについての説明です。

溶剤塗装

現在最も一般的な塗装方法で、塗料となる樹脂を有機溶剤で溶融し、エアガンを使って製品生地に塗布します。

溶剤塗装溶剤塗装


焼付塗装タイプ

【アクリル樹脂系塗料】

耐汚染性、耐油性、耐候性が非常に良く高付着性など多 くの優れた性能を持っており、またメッキ、軽金属に対しても優れた付着性を持っているため、電気機器、一般金属(鉄、アルミ etc)など広く使用されています。

【メラミン樹脂系塗料】

色彩が非常に鮮やかで、メラミン樹脂特有の光沢を持ち透明度、硬度、付着性、光沢及び電気絶縁性に優れているので、幅広い製品に使用されていて、屋内外を問わず表面の美しさを表すために使われています。

【エポキシ樹脂系塗料】

耐薬品性、耐磨耗性、密着性に優れており、その特性から屋内外製品、金属や外壁などの住宅用の錆止め塗料や防塵塗料として幅広く用いられています。

【フッ素樹脂系塗料】

耐候性・耐食性に極めて優れた性能を持っており、再塗装回数の低減ができ、メンテナンスコストが大幅に削減にできる塗料です。そのため高層ビルや公共性の高い建築物など、再塗装工事が困難な物件ではメンテナンスフリー期間の長い塗料として使われています。

自然乾燥タイプ

【ウレタン樹脂系塗料】

耐候性に優れ、表面の均一化、美しさには定評があり、また耐摩耗性、なじみがよく、鋼材、亜鉛鍍金面、アルミ、モルタル・コンクリートなど幅広く塗装が可能です。

粉体塗装

有機溶剤や水などの溶媒を用いない100%固形分の粉末状(固体)の粉体塗料を使用して、主に静電粉体塗装法(吹付け)または浸漬塗装法(浸漬法)の2種類の塗装法があります。(矢田工業所では吹き付け方法採用しています)

粉体塗装粉体塗装


粉体塗料は、その使用されている樹脂の特性から1回塗りで30~120μmの膜厚が得られるため工程の簡素化できます。樹脂タイプは、アクリル樹脂、エポキシ樹脂、ポリエステル樹脂、フッ素樹脂、これらの混合物等がある。しかも塗膜強度が高く、耐食性、耐候性、耐薬品性に優れています。用途は家電製品、自動車部品、鋼製家電、建材、配電盤、等に使用されている。


株式会社 矢田工業所
本社工場
〒461-0040
愛知県名古屋市東区矢田4-14-8
TEL 052-721-6561
FAX 052-723-3552
---------------------------------
稲沢工場
〒492-8411
愛知県稲沢市北島町西之町21-1
TEL 0587-36-1215
FAX 0587-36-0499
---------------------------------
第三工場
〒492-8435
愛知県稲沢市中之庄町47
TEL 0587-33-7200
FAX 0587-33-7211
---------------------------------
尼崎事業所
〒661-0963
兵庫県尼崎市高田町12-4
TEL 06-4960-0020
FAX 06-4960-0021

リンク

  • お問い合せ・見積依頼